メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

母のひどい言葉忘れられず=回答者・高橋源一郎

 私は子どもの頃からてんかんの持病があるため、母は世間から隠し、「他人を信じるな」と刷り込みました。外へ出る勇気を失い、結婚相手も母の愛人です。しかし、子どもが自殺未遂した時も、性同一性障害と分かった時も、母はひどいことを言いました。88歳の母はさまざまなことを忘れていく。でも私は心の中で「忘れないぞ!」と叫んでいます。私は幸せになれないのでしょうか?(61歳・女性)

 家庭を顧みなかった父を、わたしはずっと憎んでいました。亡くなった時も感慨はありませんでした。せいせ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです