メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

母のひどい言葉忘れられず=回答者・高橋源一郎

 私は子どもの頃からてんかんの持病があるため、母は世間から隠し、「他人を信じるな」と刷り込みました。外へ出る勇気を失い、結婚相手も母の愛人です。しかし、子どもが自殺未遂した時も、性同一性障害と分かった時も、母はひどいことを言いました。88歳の母はさまざまなことを忘れていく。でも私は心の中で「忘れないぞ!」と叫んでいます。私は幸せになれないのでしょうか?(61歳・女性)

 家庭を顧みなかった父を、わたしはずっと憎んでいました。亡くなった時も感慨はありませんでした。せいせ…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです