メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・加藤登紀子

Tokiko’s Kiss 対談 加藤登紀子×雨宮処凛 1億総貧困の時代

 社会活動家として貧困問題の現場から「反貧困」のメッセージを発信し続けてきた作家、雨宮処凛さん(42)。子どもから大人までの貧困の現状と今後の展望について、加藤登紀子さんと語り合いました。【構成・上東麻子、写真・藤井達也】

加藤 この10年の状況をどう見ていますか?

雨宮 2006年に20~30代の人がネットカフェで無銭飲食で逮捕される事件が相次ぎました。住居不定、無職で20日間寝泊まりし、サービスのパンとコーヒーだけで生きていたというような話です。工場の派遣労働者が仕事を切られてホームレス化する現象が始まっていた。なんとかしようと07年に反貧困ネットワークができ、「年越し派遣村」で貧困問題が認知されるようになりましたが、それから約10年。貧困当事者はそれだけ年をとり、状況は悪化しています。

加藤 あなたはバブル後の就職氷河期世代ですね。

この記事は有料記事です。

残り1655文字(全文2026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. コロナ病床増へ勧告 拒否なら院名公表 感染症法改正案

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです