メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
おんなのしんぶん・加藤登紀子

Tokiko’s Kiss 対談 加藤登紀子×雨宮処凛 1億総貧困の時代

 社会活動家として貧困問題の現場から「反貧困」のメッセージを発信し続けてきた作家、雨宮処凛さん(42)。子どもから大人までの貧困の現状と今後の展望について、加藤登紀子さんと語り合いました。【構成・上東麻子、写真・藤井達也】

加藤 この10年の状況をどう見ていますか?

雨宮 2006年に20~30代の人がネットカフェで無銭飲食で逮捕される事件が相次ぎました。住居不定、無職で20日間寝泊まりし、サービスのパンとコーヒーだけで生きていたというような話です。工場の派遣労働者が仕事を切られてホームレス化する現象が始まっていた。なんとかしようと07年に反貧困ネットワークができ、「年越し派遣村」で貧困問題が認知されるようになりましたが、それから約10年。貧困当事者はそれだけ年をとり、状況は悪化しています。

加藤 あなたはバブル後の就職氷河期世代ですね。

この記事は有料記事です。

残り1655文字(全文2026文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです