クールビズ

13年目「かりゆし」など涼しげに 環境省

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「クールビズ」が始まりアロハシャツで仕事をする環境省の職員=東京・霞が関で2017年5月1日午前9時23分、藤井達也撮影
「クールビズ」が始まりアロハシャツで仕事をする環境省の職員=東京・霞が関で2017年5月1日午前9時23分、藤井達也撮影

 夏場の電力消費を抑えるため、ノーネクタイなどの軽装を呼び掛ける「クールビズ」が1日、始まった。今年で13年目の取り組み。晴れ間が広がった東京・霞が関の官庁街では、上着を着用せずに出勤する職員らの姿が見られた。9月末まで。

 クールビズは、空調の設定温度の目安を28度とし、節電で二酸化炭素排出削減につ…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文270文字)

あわせて読みたい

ニュース特集