メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クールビズ

ラガーシャツ姿でラグビーW杯PR 東大阪市

クールビズが始まり、ラガーシャツ姿で勤務する東大阪市職員たち=東大阪市役所で2017年5月1日午前9時16分、猪飼健史撮影

 夏場の節電対策でノーネクタイや軽装を推奨する「クールビズ」が1日、始まった。東大阪市では2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を盛り上げようと、職員らが朝から恒例のラガーシャツ姿で仕事を始めた。

 クールビズに合わせたラガーシャツの着用は今年で8年目で、すっかり夏の「正装」として定着。この日も庁内で働く多くの職員が袖を通した。10月末まで続ける予定で、市花園ラグ…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]