メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なお2100人認定求める 公式確認61年

水俣病犠牲者慰霊式で黙とうする参列者たち=熊本県水俣市で2017年5月1日午後1時39分、森園道子撮影

 水俣病は1日、公式確認から61年を迎えた。熊本県水俣市のエコパーク水俣親水緑地では午後1時半から犠牲者慰霊式が営まれた。

 公害健康被害補償法に基づく認定患者は熊本、鹿児島両県で計2282人(3月末現在)。高齢化が進みこの1年間で約30人が死亡し、4月26日現在で存命の患者は373人となっている。

 一方、患者認定を求めている人は両県で計約2100人。2013年4月の最高裁判決が現行の基準よりも幅広く患者認定したものの、その後の新規認定は両県で6人にとどまり、ハードルは高いままだ。

 また、12年7月に申請が締め切られた水俣病被害者救済特別措置法に基づく未認定患者救済策では、対象外や未申請の1300人を超す人たちが国や県、チッソを相手取って損害賠償を求めて訴訟を起こしている。【笠井光俊】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渋谷・警官殺害 大坂容疑者か 名前名乗らず黙秘
  2. 渋谷・警官殺害 指名手配の「中核派」大坂容疑者逮捕か
  3. 皇室 「皇太子」称号に難色 秋篠宮さま意向で見送り
  4. 沖縄・翁長知事 今も拡散「娘の留学、中国が便宜」のウソ
  5. 考・皇室 社会を映す/2 悠仁さまの皇位継承、見据え 人権への制約重く 秋篠宮さま「自然体で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]