米韓演習

「フォールイーグル」が終了

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本海に向けて航行する米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」=長崎県対馬の南約60キロ沖で2017年4月29日午前8時2分、本社機「希望」から手塚耕一郎撮影
日本海に向けて航行する米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」=長崎県対馬の南約60キロ沖で2017年4月29日午前8時2分、本社機「希望」から手塚耕一郎撮影

 【ソウル米村耕一】米韓両軍は30日、韓国と周辺海域で3月1日から実施し、北朝鮮が強く反発してきた定例の合同野外機動訓練「フォールイーグル」を予定通り終えた。ただ、米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」は引き続き日本海に展開しながら北朝鮮に圧力をかけており、朝鮮半島をめぐる緊張状態は一定期間続きそうだ。

 韓国メディアによると、約2カ月間の「フォールイーグル」は今回、海外からの3600人と在韓米軍を合わせ、約1万人規模の米軍が参加。韓国軍を加えると約31万人で、過去最大規模となった昨年とほぼ同じとなった。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文904文字)

あわせて読みたい

ニュース特集