メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース

4月のニュースファイル(2017年6月号より)

[PR]

■50年後の人口は8808万人

    ■3割減り、38%が高齢者

     厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は4月10日、2065年までの将来推計人口を公表しました。2015年に1億2709万人だった日本の人口は2053年に1億人を切り、2065年には3割減った8808万人になるそうです。

     高齢者(65歳以上)の占める割合は、2015年の26.6%から10年後に3割、2065年には38.4%に達します。現役世代(15~64歳)が占める割合は6割から50年後に半分になります。その結果、1人の高齢者を現役2.3人で支える騎馬戦型から、1.3人が1人を支える肩車型の超高齢社会となります。

     今回の将来推計人口は2015年の国勢調査をもとに計算され、前回より人口減少のスピードがわずかに遅くなりましたが、超高齢化への歯止めはかかっていません。

    【問い】将来推計人口って?

     --将来推計人口は5年ごとに行われる国勢調査をもとに、将来の出生や死亡などを仮定して計算します。年金のやりくりがきちんとできているかをチェックするのに使います。

    【問い】年金って?

     --高齢者の生活や、病気、障害をおった時、家族のかせぎ手が亡くなった時などいざという時の生活を、働いている世代の人みんなで支えようという国のしくみです。

     20歳から60歳未満の人が払う保険料などでまかなわれています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

    3. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

    4. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

    5. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです