メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東電旧経営陣3被告に無罪 福島第1原発事故
よくわかるニュース

4月のニュースファイル(2017年6月号より)

[PR]

■福島第1原発事故、4町村の避難解除

     東日本大震災による東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の避難指示を、政府が4町村で解除しました。

     対象は浪江町・飯舘村・川俣町(3月31日付)、富岡町(4月1日付)の避難指示解除準備区域と居住制限区域です。

     2011年3月の事故後、11市町村に広がった避難指示は2014年4月より少しずつ解除されました。対象区域は2013年に比べて約3割(369平方キロ)まで縮小しましたが、7市町村に残る帰還困難区域は解除されません。第1原発がある大熊町と双葉町は全域で避難が続いています。

    *ふるさとに帰る人はわずか

     これまでの避難指示解除を含め、自宅に帰れるようになった人は9市町村で計5万2370人(昨年6月時点)です。しかし、実際に帰った人や帰ろうとしている人は8.6%に過ぎません。

    ■「まだ東北でよかった」失言で今村復興大臣辞任

     今村雅弘復興大臣(70)が4月25日、講演で東日本大震災について「まだ東北だったからよかった。(東京など)首都圏に近かったりしたら甚大な(大きな)被害があった」と述べました。被災者を傷つける発言と批判され、26日に大臣を辞めました。

     今村氏は被災地の復興をはかる国の役所のトップでしたが、4日には福島第1原発事故で自主避難者の帰還をめぐり「本人の責任だ」などと発言。職務にふさわしくないという批判を受けてあやまっていました。

     次の復興大臣は、福島県議会議員出身の吉野正芳氏(68)が就任しました。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

    2. 埼玉・小4男児の死因は頸部圧迫の窒息 遺体発見現場の前は空き部屋

    3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

    5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです