メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝市・私のイチオシ!

/1 角館 いぶりがっこの柿漬け 冬場に2カ月熟成 愛好家多い懐かしの寒天も /秋田

藤原フミ子さん(中央)らがつくる地元の渋柿を使った「柿漬け」=いずれも仙北市角館町岩瀬町で

 桜の名所として知られる角館が最も美しい季節。ソメイヨシノが咲き乱れ、観光客が続々と押し寄せる。

 仙北市のJR角館駅から10分ほど歩くと、軒下に並べられた長テーブルに野菜などがずらり。

 中でも気になったのは、「雲然柿(くもしかりかき)漬物味究会」(藤原フミ子会長)が手掛ける「いぶりがっこの柿漬け」だ。角館地域の各家庭で植えられている渋柿「雲然柿」という渋柿を漬け込みの材料に使う。5年ほど前、藤原会長らが「地元特産の用途を広げたい」と結成し、柿漬けづくりに取り組み始めた。

 11月初めに収穫した大根を薫製。雲然柿をつぶして、塩などを加え、大根と一緒に冬場の約2カ月間じっく…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文874文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです