メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

119番通報

高松市が通訳開始 5カ国語で外国人に対応 /香川

 高松市は1日、日本語が十分に話せない外国人を対象にした119番通報の通訳サービスを始めた。市内に住む外国人や海外からの観光客が増えていることを受け、四国で初めての導入となった。

 対応するのは、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語の5カ国語。外国人が119番通報をした際、日本語でのやりとりでは十分な意思疎通ができないと消防側が判断した場合に…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. ORICON NEWS 『こち亀』日暮熟睡男の特番、AbemaTVで配信決定 4年に1度“目覚める男”再び

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです