メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパンハウス

日本政府広報拠点開館 「発信」効果に疑問も ブラジル

ジャパンハウスに展示された剣道防具に見入る男性=サンパウロ市内で4月30日、朴鐘珠撮影

 【サンパウロ朴鐘珠】日本政府は4月30日、新広報拠点ジャパンハウス(JH)をブラジルのサンパウロに開館した。日本の「正しい姿」の発信を目指す安倍政権の肝煎り事業だが、現地では効果を疑問視する声もある。

 「プロパガンダ施設ではありません。さまざまなものを織り交ぜながら、本当の意味での日本を知っていただくということをスマートにやっていきたい」。開館式後、「正しい姿」の認識を報道陣に聞かれた薗浦健太郎副外相は、JHで政府の主張を前面に出す意図はないと強調した。

 JH構想の発端は自民党が2014年3月に設置した「外交再生戦略会議」の提言。中国と韓国との「情報戦…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです