メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパンハウス

日本政府広報拠点開館 「発信」効果に疑問も ブラジル

ジャパンハウスに展示された剣道防具に見入る男性=サンパウロ市内で4月30日、朴鐘珠撮影

 【サンパウロ朴鐘珠】日本政府は4月30日、新広報拠点ジャパンハウス(JH)をブラジルのサンパウロに開館した。日本の「正しい姿」の発信を目指す安倍政権の肝煎り事業だが、現地では効果を疑問視する声もある。

 「プロパガンダ施設ではありません。さまざまなものを織り交ぜながら、本当の意味での日本を知っていただくということをスマートにやっていきたい」。開館式後、「正しい姿」の認識を報道陣に聞かれた薗浦健太郎副外相は、JHで政府の主張を前面に出す意図はないと強調した。

 JH構想の発端は自民党が2014年3月に設置した「外交再生戦略会議」の提言。中国と韓国との「情報戦…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文753文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです