メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

観世清和さん=シテ方観世流二十六世宗家

 能楽シテ方の最大流派、観世流の本拠である観世能楽堂が先月20日、東京・銀座の松坂屋銀座店跡地にできた複合ビル「GINZA SIX(ギンザ シックス)」の地下3階に開場。開場記念公演(6日まで)で、流儀を率いる自身も「翁(おきな)」のシテなどで舞台に立つ。「前の能楽堂と全く変わらない、いい状態でした」

 老朽化などを理由に、東京・渋谷にあった前能楽堂が閉館したのが2015年3月末。解体されたヒノキの舞台部材は、和紙にくるまれて長野県の倉庫で保管され、約2年の時を経て新しい能楽堂としてよみがえった。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです