メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着けいざい

規制緩和の現場/2 京都・京丹後市 過疎地の足、争奪戦

NPO「気張る!ふるさと丹後町」が運行する「ささえ合い交通」の車に乗り込む男性=京都府京丹後市丹後町間人で、吉永康朗撮影

米の配車アプリ、高齢者に好評 タクシー業界警戒、新会社で対抗

 日本海に面した京都府京丹後市丹後町間人(たいざ)の男性(88)の自宅前に、白いプリウスが停車した。地元のNPO「気張る!ふるさと丹後町」が運営する「ささえ合い交通」が運行委託した地元住民の自家用車だ。男性はつえをついて友人と乗り込み、10キロ先のカラオケ店に向かった。「運転免許証を返納したが、行きたい所へ行ける」と笑う。

 一般ドライバーが運転する自家用車をタクシー代わりに活用する「ライドシェア」。米ウーバー社などが海外…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1275文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです