メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着けいざい

規制緩和の現場/2 京都・京丹後市 過疎地の足、争奪戦

NPO「気張る!ふるさと丹後町」が運行する「ささえ合い交通」の車に乗り込む男性=京都府京丹後市丹後町間人で、吉永康朗撮影

米の配車アプリ、高齢者に好評 タクシー業界警戒、新会社で対抗

 日本海に面した京都府京丹後市丹後町間人(たいざ)の男性(88)の自宅前に、白いプリウスが停車した。地元のNPO「気張る!ふるさと丹後町」が運営する「ささえ合い交通」が運行委託した地元住民の自家用車だ。男性はつえをついて友人と乗り込み、10キロ先のカラオケ店に向かった。「運転免許証を返納したが、行きたい所へ行ける」と笑う。

 一般ドライバーが運転する自家用車をタクシー代わりに活用する「ライドシェア」。米ウーバー社などが海外…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1275文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. シェアハウス 就労も手助け 母子世帯が共同生活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです