仙台・中2自殺

母話さぬ内容、遺族指摘…朝日が一部削除

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子生徒が自殺した原因について、調査する意向を示す仙台市教育委員会の大越裕光教育長(中央)=仙台市青葉区の仙台市役所で2017年4月29日、本橋敦子撮影
男子生徒が自殺した原因について、調査する意向を示す仙台市教育委員会の大越裕光教育長(中央)=仙台市青葉区の仙台市役所で2017年4月29日、本橋敦子撮影

 仙台市の市立中学2年の男子生徒(13)が自殺した問題で、朝日新聞仙台総局の男性記者が、亡くなった男子生徒の母親に取材していない内容をデジタル版に掲載していたことがわかった。同社は、ウェブ記事に掲載した母親のコメントを一部削除するなど修正して掲載し直した。同社広報部は「遺族関係者に取材して書いた記事だと聞いている。関係者とのやりとりの中で行き違いがあったようだ」と説明している。

 修正したのは、1日午後4時44分に同紙デジタル版で配信した「いじめ自殺、遺族語る『あったかどうか』腹が立つ言葉」の記事。「母親が関係者を通じて朝日新聞の取材に応じ」たとし、母親のコメントを紹介している。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文508文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集