メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

混み合う病院に悲鳴 患者、逃げ惑う

病院内に突っ込んだ軽乗用車=大分市で2017年5月2日午前11時6分、尾形有菜撮影(画像の一部を加工しています)

 高齢ドライバーによる病院での事故がまたも起きた。大分市中心部の大分中村病院に2日、軽乗用車が突っ込み、10人以上がけがをした事故。運転していたのは70代の女性とみられる。午前の診療で混み合う病院のロビーに悲鳴が響き、居合わせた患者や見舞客らは逃げ惑った。

 89歳の父の受診のため、一緒に病院を訪れた同市内の60歳女性は、車が突っ込んだ3人掛けソファの隣の列に座っていたという。「目の前で車が止まった。すさまじい光景で、まさかこんなことが起こるなんて」と絶句。「隣の列に座っていたら、自分がけがをしていたと思う」と青白い顔で話した。

 自分の目の前まで車が突っ込んで来たという田中信雄さん(64)は「『バーン、ガシャーン』と音がして、びっくりした。何人か倒れてぐったりしていた」と驚いていた。

 近くにいた男性は、運転していた女性について「しばらく車の中から出て来なかった。事故を起こして頭をかかえている様子だった」と話した。車が突入して来た時にはロビー内に「ひゃー」「きゃー」といった悲鳴が上がり、騒然としたという。

 事故を聞きつけ、入院患者の親族が病院に駆け付け、受付で状況を心配そうに聞く姿も見られた。

 大分中村病院は大分県庁東側の市街地中心部に位置し、車が突っ込んだ玄関は表通りから1本入った南側にある。整形外科やリハビリテーション科など22の診療科がある総合病院で、2次救急病院に指定されており、普段から多くの患者が訪れている。病院は事故を受け、この日の外来診療や救急患者の受け入れ、入院患者への見舞いを取りやめた。

 高齢者が運転する車が病院や病院の敷地内で暴走する事故は、繰り返し起きている。昨年11月には栃木県下野市の病院の玄関付近で84歳男性の乗用車が通路に乗り上げてベンチに座っていた女性をはねて死亡させ、3人がけがをした。東京都立川市の病院敷地内でも同月、83歳女性の乗用車が歩いていた2人を死亡させた。

 高齢ドライバーではないが、昨年12月には福岡市博多区の病院に64歳の男の運転手が運転するタクシーが突っ込み、3人が死亡、7人がけがをする事故もあった。【尾形有菜】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本人志、飲酒運転で逮捕のガリクソンに苦言「同じ事務所として、邪魔」
  2. 橋下徹氏 なお意気軒高 ツイッターで「橋下節」
  3. 日本維新の会 橋下氏が政策顧問退任へ
  4. ゴルフ 「腰痛」ウッズが手術 今季中の復帰困難に
  5. 森友学園 開校問題なら「僕にも責任」 橋下氏ツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]