メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

核実験場、70年代から開発か 脱北住民証言

豊渓里の地図

 【ソウル米村耕一】北朝鮮が5回の核実験を行った北東部・豊渓里(プンゲリ)の核実験場について、現地で約20年間暮らした50代の脱北者女性、金平岡(キム・ピョンガン)さんが「豊渓里に大規模の軍部隊が入ってきたのは1978年で、そのころから本格的な工事が始まった」と毎日新聞に証言した。事実であれば核実験場としての開発は70年代から本格的に進められていたことになる。

 金さんは朝鮮人民軍所属の父が70年代末に豊渓里勤務となった関係で、当時から豊渓里と平壌を往来。さら…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです