メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

核実験場、70年代から開発か 脱北住民証言

豊渓里の地図

 【ソウル米村耕一】北朝鮮が5回の核実験を行った北東部・豊渓里(プンゲリ)の核実験場について、現地で約20年間暮らした50代の脱北者女性、金平岡(キム・ピョンガン)さんが「豊渓里に大規模の軍部隊が入ってきたのは1978年で、そのころから本格的な工事が始まった」と毎日新聞に証言した。事実であれば核実験場としての開発は70年代から本格的に進められていたことになる。

 金さんは朝鮮人民軍所属の父が70年代末に豊渓里勤務となった関係で、当時から豊渓里と平壌を往来。さら…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです