メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

核実験場、70年代から開発か 脱北住民証言

豊渓里の地図

 【ソウル米村耕一】北朝鮮が5回の核実験を行った北東部・豊渓里(プンゲリ)の核実験場について、現地で約20年間暮らした50代の脱北者女性、金平岡(キム・ピョンガン)さんが「豊渓里に大規模の軍部隊が入ってきたのは1978年で、そのころから本格的な工事が始まった」と毎日新聞に証言した。事実であれば核実験場としての開発は70年代から本格的に進められていたことになる。

 金さんは朝鮮人民軍所属の父が70年代末に豊渓里勤務となった関係で、当時から豊渓里と平壌を往来。さら…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです