メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森・弘前公園

桜の花びらで花筏 外堀の水面埋め尽くし

散り始めた桜の花びらが水面に落ち、美しい花いかだを見せる弘前公園の外堀=青森県弘前市で2017年5月1日午前10時46分、北山夏帆撮影

 日本三大桜の名所とされる青森県弘前市の弘前公園で、散った桜の花びらが外堀の水面をじゅうたんのように埋め尽くす「花筏(いかだ)」が見ごろを迎えている。弘前市によると、散った花びらは徐々に変色していくものの、2日ごろまではきれいなピンク色の花筏を楽しめそうだ。

 弘前公園の桜は一つの花芽から多くの花が咲くため、そのボリュームの大きさで知られる。水面に花が散っても、頭上の桜にはまだ花が残っているのが特徴だ。

 弘前公園で開催中の「弘前さくらまつり」は今年で100年目。「花筏」を間近で楽しめるよう、市はこれまで入ることができなかった外堀の土手3カ所を開放。訪れた客は「花吹雪」が舞う中、ピンク色に染まった堀を写真に収めていた。さくらまつりは7日まで。【藤田晴雄】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです