メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

from OTTAVA

未来のプロ音楽家を応援 年間企画スタート

演奏後、「ぜいたくな時間」と振り返る尾崎未空さん(右)と、「独特な響き」と手応えを語る山崎亮汰さん

「OTTAVA」と共催、毎月1回「OTTAVA Verde」

 東京都心のビジネス街で音楽好きが集まって発信できる場を提供している「アーク紀尾井町サロンホール」(東京都千代田区)が、音楽家を目指す学生を応援する年間企画「OTTAVA Verde(オッターヴァ・ヴェルデ)」をスタートさせた。クラシック音楽専門のインターネットラジオ「OTTAVA」(本社・東京都千代田区)との共同企画で、アーク証券が主催する。【青木浩芳】

 プロジェクトは4月から毎月1回木曜日の同ホールを終日開放し、若き学生演奏家や作曲家にリハーサルやレコーディング、サロンコンサートを体験してもらい、後日放送もされるというものだ。第1回の4月27日は、企画スタートを飾るガラ・コンサートと銘打ち、注目の若手ピアニスト2人、山崎亮汰さん(18)と尾崎未空さん(21)がドビュッシー「ベルガマスク組曲」、リスト「メフィスト・ワルツ第1番」などを披露した。

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです