ピースサイクリング

「平和の火」無事京都に 広島から400キロ、走者7人でリレー /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「平和の火」を携え到着した最終走者の大森未久さん=京都市下京区の梅小路公園で、国本ようこ撮影
「平和の火」を携え到着した最終走者の大森未久さん=京都市下京区の梅小路公園で、国本ようこ撮影

 広島原爆の残り火とされる「平和の火」を自転車で運ぶ「ピースサイクリング」が2日、ゴールの梅小路公園(京都市下京区)に到着した。4月25日に広島市を出発し、岡山、兵庫両県などを通る約400キロを、7人の走者がリレーした。平和の火は早速灯油ランプにともされた。

 最終走者となった大森未久(みく)さん(56)は、2日午前9時に兵庫県の阪急六甲駅を出発。約6時間をかけ約65キロを走り、午後3時ごろに到着した。「参加できて良かった。満足感でい…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

あわせて読みたい

注目の特集