メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピースサイクリング

「平和の火」無事京都に 広島から400キロ、走者7人でリレー /京都

「平和の火」を携え到着した最終走者の大森未久さん=京都市下京区の梅小路公園で、国本ようこ撮影

 広島原爆の残り火とされる「平和の火」を自転車で運ぶ「ピースサイクリング」が2日、ゴールの梅小路公園(京都市下京区)に到着した。4月25日に広島市を出発し、岡山、兵庫両県などを通る約400キロを、7人の走者がリレーした。平和の火は早速灯油ランプにともされた。

 最終走者となった大森未久(みく)さん(56)は、2日午前9時に兵庫県の阪急六甲駅を出発。約6時間をかけ約65キロを走り、午後3時ごろに到着した。「参加できて良かった。満足感でい…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです