メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピースサイクリング

「平和の火」無事京都に 広島から400キロ、走者7人でリレー /京都

「平和の火」を携え到着した最終走者の大森未久さん=京都市下京区の梅小路公園で、国本ようこ撮影

 広島原爆の残り火とされる「平和の火」を自転車で運ぶ「ピースサイクリング」が2日、ゴールの梅小路公園(京都市下京区)に到着した。4月25日に広島市を出発し、岡山、兵庫両県などを通る約400キロを、7人の走者がリレーした。平和の火は早速灯油ランプにともされた。

 最終走者となった大森未久(みく)さん(56)は、2日午前9時に兵庫県の阪急六甲駅を出発。約6時間をかけ約65キロを走り、午後3時ごろに到着した。「参加できて良かった。満足感でい…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
  3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
  5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]