メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 福島と原発考える スクールMARIKO、講師招き7日開講 /島根

スクールMARIKOをPRをする浜田真理子さん=松江市内で、谷由美子撮影

 東日本大震災による東京電力福島第1原発事故をきっかけに、松江市のミュージシャン、浜田真理子さん(52)の呼び掛けで2013年にスタートした福島と原発について考える勉強会「スクールMARIKO」が今年は7日に開講する。全3回で、音楽家、新聞記者、子ども食堂の運営責任者と、福島に関わるさまざまな分野の講師が登場する。

 第1回のトーク&ライブ(7日午後2時半開演)のゲストはシンガー&ボイス・アーティスト、おおたか静流(しずる)さん。童謡から即興までジャンルを問わない音楽活動を続け、NHKのEテレ「にほんごであそぼ」にも出演し、幅広い層に人気がある。福島など東北のライブにも度々出演し、今回は震災後に作られた楽曲「東北」も、浜田さんの伴奏で披露する。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです