メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
近影遠影

高橋一清・あの日あの人/98 佐藤愛子 担当編集者に励まされ /島根

 平成2(1990)年6月、編集長に就いた「別册文藝春秋」では、佐藤愛子さんの連載小説「血脈」が佳境に入っていた。この小説は、柱としてこれからの編集になくてはならない。

 内示を受けると、何よりもまず、東京都世田谷区の太子堂に住む佐藤さんを訪ねた。初対面であった。佐藤さんは口を結んで、私を見続けた。人品骨柄を見定めるという感じであった。私はひるまず、「血脈」の感心した情景、巧みな表現の箇所を上げて感想を言った。見る見るうちに佐藤さんの表情が変わった。

 「あなた読んできたの。編集長の新任の挨拶(あいさつ)は、顔を見せるだけ。読まないで来て適当なことを…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1359文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです