メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/98 佐藤愛子 担当編集者に励まされ /島根

 平成2(1990)年6月、編集長に就いた「別册文藝春秋」では、佐藤愛子さんの連載小説「血脈」が佳境に入っていた。この小説は、柱としてこれからの編集になくてはならない。

 内示を受けると、何よりもまず、東京都世田谷区の太子堂に住む佐藤さんを訪ねた。初対面であった。佐藤さんは口を結んで、私を見続けた。人品骨柄を見定めるという感じであった。私はひるまず、「血脈」の感心した情景、巧みな表現の箇所を上げて感想を言った。見る見るうちに佐藤さんの表情が変わった。

 「あなた読んできたの。編集長の新任の挨拶(あいさつ)は、顔を見せるだけ。読まないで来て適当なことを言ってすぐ帰るんだけど」

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです