メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
うみやまリレーダイアリー

神山町に移住 古屋淳二さん(44)=編集工房主宰 /徳島

古い写真もたくさん見せていただく。馬車が主な交通手段だった当時、肥料にするため道に落ちた馬ふんは争奪戦だったとか

 <徳島で暮らしてみれば>

戦時中の暮らしを聞いて

 戦時中というとどんなイメージだろうか。学校で教えられてきた悲惨な場面を想像される方も多いかと思う。最近よく、今の社会状況が戦前みたいなどとも言われているが、私たちは意外と戦前の暮らしを知らない。

 芥川賞作家の柴崎友香さんが一昨年に徳島県立文学書道館で開かれた講演会で、徳島市出身の作家・海野十三による戦時中の日記を引き合いに出しながら、空襲の翌日も汽車が走り、人々は普通に通勤していたと話していたのが印象的だった。

 田舎に来て、場所が違えば暮らしも違うという当たり前のことを実感したこともあり、田舎での戦時中の暮ら…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文967文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです