メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法70年

点検・国民投票制/2 最低投票率棚上げ 10年前、参院で付帯決議

国民投票の最低投票率導入をめぐる主な論点と投票率の推移

 第1次安倍内閣の2007年に成立した国民投票法は、(1)選挙権年齢と成人年齢の18歳への引き下げ(2)公務員の政治的行為(3)国民投票の対象拡大--という「三つの宿題」を残した。14年6月、それに一定の答えを出す同法改正案を審議した参院本会議で、民主党(現民進党)の白真勲氏は「三つの宿題以外にも、最低投票率の問題などほとんど議論されていない重要課題がある」と訴えた。

 国会が衆参各院の3分の2以上の賛成で発議した憲法改正案を、国民投票で過半数が承認すれば改正は実現す…

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1179文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです