メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

シリーズ憲法70年 「護憲」「改憲」--9条を考える 対談 中西寛・京都大教授、石川健治・東京大教授

山田孝男氏

 憲法学者は護憲、国際政治学者は改憲--と世間は見ている。厳密にはそうとも言えないが、大づかみの傾向はその通りだろう。ともに第一線で活躍する知的権威が憲法、特に戦争放棄の憲法9条=1=について正反対の判断を持っている。それが日本の現状だ。憲法学の石川健治・東京大教授と国際政治学の中西寛・京都大教授に、9条を中心として憲法施行70年を振り返ってもらった。司会は山田孝男特別編集委員。【まとめ・南恵太、写真・宮間俊樹】

--お互いに憲法学者、国際政治学者と対談するというのは身構えるものですか?

この記事は有料記事です。

残り6316文字(全文6561文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです