メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

アップタウン・ファンク ブリュッセル支局・八田浩輔

 オランダ南部のさびれた商店街で会ったレイモンド・ランカスターさん(73)の愚痴は止まらなかった。「妻は最低賃金で働き、生活はぎりぎり。私の医療費はかさむ。弱者に目配りしない政治にはうんざりだ」

 政府の統計によると、医療費の自己負担はこの15年で8割近く上がった。緊縮政策に伴う福祉国家の変質に高齢者の不満は募る。

 レイモンドさんは3月の下院選で野党の自由党を推した。強硬な反イスラム主義が注目されたが、社会保障政策では医療費の自己負担ゼロを掲げていた。実現性の乏しい人気取りの公約だと分かってはいたが、「エリートが牛耳る政治を変えたいだけ。心から支持はしていない」という。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです