メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

原料の安全性担保 誰のため=農業ジャーナリスト・青山浩子

 食品の移動ルートを把握できるよう、生産、加工、流通等の各段階で履歴を記録・保存するトレーサビリティーの導入が農業現場で進んでいる。法制化されているものは牛肉とコメのみだが、量販店や外食・加工業者と取引する生産者は作物を問わず要求される。たとえば、どの畑でどのように作られ、いつ収穫した野菜なのかを追跡できるように、生産者は生産履歴を畑ごとに記録する。

 先日取材した法人は、「記録している畑が750枚ある」と言っていた。現場の作業者が携帯電話等で入力し…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文705文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
  5. ゴーン会長逮捕 日産3社連合暗雲 ルノー後任協議へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです