メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長の保釈認める 東京地裁 保証金5億円
経済観測

原料の安全性担保 誰のため=農業ジャーナリスト・青山浩子

 食品の移動ルートを把握できるよう、生産、加工、流通等の各段階で履歴を記録・保存するトレーサビリティーの導入が農業現場で進んでいる。法制化されているものは牛肉とコメのみだが、量販店や外食・加工業者と取引する生産者は作物を問わず要求される。たとえば、どの畑でどのように作られ、いつ収穫した野菜なのかを追跡できるように、生産者は生産履歴を畑ごとに記録する。

 先日取材した法人は、「記録している畑が750枚ある」と言っていた。現場の作業者が携帯電話等で入力し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです