メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親ありて

女装家・ミッツ・マングローブさんの父 徳光次郎さん/上 レールは敷かず見守り

ロンドンで生活していた中学生のころ。近所のドイツ人の友人の家で(左から2人目がミッツさん)=徳光次郎さん提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 歯にきぬ着せぬ直言で人気の女装家、ミッツ・マングローブさん(42)。本名は徳光修平。男性、同性愛者だ。アナウンサーの徳光和夫さん(76)のおいにあたる。迷いながら自分の道を見つけたミッツさんを見守ってきた父・徳光次郎さん(70)に話を聞いた。母・由利子さん(69)も同席した。次郎さんは伊勢丹(現・三越伊勢丹)で宣伝畑を歩み、英国伊勢丹社長、新宿本店次長などを務めたエリートサラリーマンだ。

 豪放な印象もあるミッツさんだが、幼いころは「お年寄りに強い子」だった。近所の家に次々と上がりこみ、おじいさん、おばあさんと世間話をする。たき火に当たったり、焼きイモを食べたり。自分の祖父母の好きなテレビ番組を見て話を合わせて喜ばせた。「昔から気配りはすごい」と次郎さん。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです