メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大災害

発生時に「車中泊選ぶ」が1割以上 和歌山

 将来発生が予想される南海トラフ巨大地震などの大災害で長期間帰宅できない場合、避難所ではなく「車中泊を選ぶ」とした人が1割以上いることが、和歌山県が実施した防災に関する県民意識調査で分かった。主な理由としては、避難所でのプライバシー確保や、混雑で入られない事態を不安視している。車中泊は昨年4月の熊本地震で心身に与える影響が問題となり、県は3月に改訂した市町村向けの避難所運営マニュアルに初めて車中泊対策を盛り込んだ。【稲生陽】

 調査は2004年度に始まり、原則3年ごとに実施している。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです