メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国大統領選

「慰安婦」争点にならず

 【ソウル大貫智子】韓国大統領選の中盤戦までを振り返ると、日韓関係はほとんど争点になっていない。2015年の慰安婦問題に関する日韓両政府合意に関し、主要候補は全員再交渉や破棄など否定的な立場を示しており、立場に違いがないためだ。2日まで計6回行われたテレビ討論会で、慰安婦合意の是非について深い議論は行われなかった。

 合意に対しては、朴前大統領が元慰安婦の意向を無視したとして韓国では批判が強い。選挙戦が本格化する前…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです