メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車内販売

カチカチ新幹線アイスの食べごろは 攻略のコツ

「バニラ」(左)は新幹線の全路線で販売。「加賀さつまいも」は北陸新幹線限定だ=スジャータめいらく提供

 新幹線やJRの一部特急で販売されているアイスクリームの購入者が多いのは、5月の大型連休と7~8月だそうだ。しかしこの新幹線アイス、買ってすぐはカチカチの状態で、すぐに食べることは至難の業だ。ツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)には、アイスクリームの真ん中にスプーンが垂直に立った画像が投稿されていたりする。硬い新幹線アイスの食べごろはいつ?

 製造するスジャータめいらく(名古屋市)に聞くと、保管や提供時の状態にもよるが、食べごろは「購入後10分ほど」との回答が返ってきた。仮に東京から小田原に向かう場合、所要時間は35~40分なので、東京で購入し、品川あたりでそろそろ軟らかくなり始め、食べ終わるころに小田原到着といった具合か。一方、新大阪-京都は13~14分なので、食べごろになった時は、目的地に到着ということになってしまう。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  2. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです