メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大・研究所

iPS細胞作製 成功率5割に マウス実験

2種類の遺伝子の組み合わせ

 京都大iPS細胞研究所の山本拓也講師らのグループは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を効率的に作る2種類の遺伝子の組み合わせをマウス実験で発見したと発表した。作製の成功率は現在数%だが、実験では50%以上になった。二つの遺伝子が、体細胞をさまざまな細胞になれる状態に戻す「初期化」を促進したとみられる。

 論文は3日、米科学誌「セル・メタボリズム」に掲載された。

 iPS細胞の作製を巡っては、山中伸弥京都大教授が四つの遺伝子(山中因子)を体細胞に組み込んで初期化する方法を開発した。ただ、初期化に成功するのは数%にとどまり、効率の悪さが課題となっている。

 研究グループは今回、4遺伝子のうち3種類を使い、さらに別の遺伝子2種類を加えてマウスの体細胞に組み込んで実験。その結果、「Zic3」と「Esrrb」という遺伝子を組み合わせると、iPS細胞が50%以上の割合で出現することを突き止めた。

 グループは、加えた二つの遺伝子が細胞の状態をバランスよく制御し、初期化を相乗的に促しているとみている。山本講師は「作製効率を上げることで、将来的により高品質なヒトiPS細胞の作製につなげたい」と話している。【野口由紀】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. BPO ニュース女子に「重大な放送倫理違反」意見書
  2. 米軍ヘリ窓落下 小2男児「怖い」と欠席 小4男児が打撲
  3. 長崎県警 巡査4日間失踪 スマホ課金で悩み「親が怒る」
  4. 麻生氏 「読む人の気知れない」新聞報道巡り
  5. 東名正面衝突 重体の2人が死亡 乗用車が逆走か 焼津

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]