特集

毎日新聞×毎日放送(MBS)

毎日新聞デジタルの「毎日新聞×毎日放送(MBS)」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

情熱大陸

東京五輪の新競技・スポーツクライミング金メダル候補は20歳の美筋肉シャイボーイ 楢崎智亜に密着!

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
<プロフィル>楢崎智亜(ならさき・ともあ) 1996年栃木県・宇都宮生まれ。幼稚園の時に始めた器械体操で将来を期待されるも突如、床が浮き上がってくる恐怖感に襲われ体操を諦める。10歳のころ、兄の影響で近くのクライミングジムに通い始めてボルダリングにハマり高校卒業後にプロ宣言。そこから2年で世界王者に登り詰めた。得意技はホールドからホールドへと飛び移る「ランジ」。同じくクライマーの楢崎明智と大の仲良しで、地元に帰る度に一緒に餃子を食べる。学生時代の得意教科は「物理と数学」で医学部への進学も考えたことがあるとか。取材ディレクターいわく「自他ともに求める“自由人”でLINEしても返事がないこともしばしば……。本人に聞くと『後で返そうと思って忘れちゃうんです、嫌なんじゃないですよ』と笑顔で返されます」
<プロフィル>楢崎智亜(ならさき・ともあ) 1996年栃木県・宇都宮生まれ。幼稚園の時に始めた器械体操で将来を期待されるも突如、床が浮き上がってくる恐怖感に襲われ体操を諦める。10歳のころ、兄の影響で近くのクライミングジムに通い始めてボルダリングにハマり高校卒業後にプロ宣言。そこから2年で世界王者に登り詰めた。得意技はホールドからホールドへと飛び移る「ランジ」。同じくクライマーの楢崎明智と大の仲良しで、地元に帰る度に一緒に餃子を食べる。学生時代の得意教科は「物理と数学」で医学部への進学も考えたことがあるとか。取材ディレクターいわく「自他ともに求める“自由人”でLINEしても返事がないこともしばしば……。本人に聞くと『後で返そうと思って忘れちゃうんです、嫌なんじゃないですよ』と笑顔で返されます」

 大小様々の“ホールド”と呼ばれる突起物を手がかり足がかりにして壁を登り、頂上を目指すスポーツ、ボルダリング。最近、人気急上昇中のこの競技で世界の頂点に立つプロフリークライマーの楢崎智亜がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、5月7日午後11時~11時半)に登場する。

 楢崎は去年、クライミング界に彗星のごとく現れ、ボルダリングのW杯で日本人男子初の年間優勝を達成。さらに、2年に1度開かれる世界選手権でも日本人初の優勝を勝ち取り一躍時の人となった。身長170センチ、体重60キロ、体脂肪はなんと2%前後。生来の指の関節の強さと幼い頃体操で培ったしなやかさを使ってまるで忍者のように壁をよじ登る姿は、新世代のクライミングスタイルとして世界を驚嘆させている。

 そんな中、スポーツクライミングが東京五輪2020の新競技として採択され、金メダル筆頭候補として俄然、楢崎への注目も高まっている。番組では去年の終わりから密着を開始! 5月7日(放送当日)に東京で初開催される今シーズンのボルダリングW杯までの怒涛の日々を追った。壁を縦横無尽に飛び回り“フィジカルモンスター”との異名を持つ二十歳の驚くべき肉体の秘密とその魅力溢れる素顔に迫る。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集