メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTを生きる

性的少数者 第1部/1 NPO法人「性同一性障害支援機構」理事長・中山貴将さん(43) /埼玉

LGBTの支援活動を続ける「性同一性障害支援機構」の中山貴将理事長=2017年4月19日、鴇沢哲雄撮影

自分の性別、自分で選ぶ 手術体験きっかけに情報発信

 川口市のJR川口駅西口にある公園で昨年10月に開催されたボランティア見本市。市内の団体が活動を紹介する会場に、川崎市のNPO法人「性同一性障害支援機構」理事長の中山貴将さん(43)の姿があった。

 川口市内で引きこもり支援の活動を続ける団体と協力し、「性同一性障害ってなんだろう」をテーマにイベントを企画した。男性はセーラー服、女性は男性の体を模した全身タイツに海水パンツを身につけ、心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」の模擬体験をしてもらう。

 笑顔でチラシを配る中山さんの呼びかけに、数人の男女が応じた。体験した男性は「心と体の性の不一致が一…

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです