特集

LGBT 私らしく生きる

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えています。当事者の思いや社会の課題を追います。

特集一覧

LGBTを生きる

性的少数者 第1部/1 NPO法人「性同一性障害支援機構」理事長・中山貴将さん(43) /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
LGBTの支援活動を続ける「性同一性障害支援機構」の中山貴将理事長=2017年4月19日、鴇沢哲雄撮影
LGBTの支援活動を続ける「性同一性障害支援機構」の中山貴将理事長=2017年4月19日、鴇沢哲雄撮影

自分の性別、自分で選ぶ 手術体験きっかけに情報発信

 川口市のJR川口駅西口にある公園で昨年10月に開催されたボランティア見本市。市内の団体が活動を紹介する会場に、川崎市のNPO法人「性同一性障害支援機構」理事長の中山貴将さん(43)の姿があった。

 川口市内で引きこもり支援の活動を続ける団体と協力し、「性同一性障害ってなんだろう」をテーマにイベントを企画した。男性はセーラー服、女性は男性の体を模した全身タイツに海水パンツを身につけ、心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」の模擬体験をしてもらう。

 笑顔でチラシを配る中山さんの呼びかけに、数人の男女が応じた。体験した男性は「心と体の性の不一致が一生続くとしたらつらい。でも個人個人の人生なので、お互いに尊重し合うことが大切では」と感想を語った。

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1394文字)

あわせて読みたい

注目の特集