メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTを生きる

性的少数者 第1部/1 NPO法人「性同一性障害支援機構」理事長・中山貴将さん(43) /埼玉

LGBTの支援活動を続ける「性同一性障害支援機構」の中山貴将理事長=2017年4月19日、鴇沢哲雄撮影

 川口市のJR川口駅西口にある公園で昨年10月に開催されたボランティア見本市。市内の団体が活動を紹介する会場に、川崎市のNPO法人「性同一性障害支援機構」理事長の中山貴将さん(43)の姿があった。

 川口市内で引きこもり支援の活動を続ける団体と協力し、「性同一性障害ってなんだろう」をテーマにイベントを企画した。男性はセーラー服、女性は男性の体を模した全身タイツに海水パンツを身につけ、心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」の模擬体験をしてもらう。

 笑顔でチラシを配る中山さんの呼びかけに、数人の男女が応じた。体験した男性は「心と体の性の不一致が一生続くとしたらつらい。でも個人個人の人生なので、お互いに尊重し合うことが大切では」と感想を語った。

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  2. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです