メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心臓移植

ひろくんに心臓移植を 父親らが募金呼びかけ 福井に北陸支部 /福井

記者会見で募金を呼びかける稲本啓君の父創さん(中央)=福井県庁で、立野将弘撮影

 重い心臓病を患う茨城県土浦市の稲本啓(ひろ)君(2)の両親らでつくる「ひろくんを救う会」が2日、県庁で記者会見し、米国で心臓移植手術を受けるための募金を呼びかけた。福井市に北陸支部を設置し、北陸での活動を本格化する。目標額は3億1000万円で、4月27日現在で2億5120万円が集まった。今月中の達成を目指す。

 啓君は生後間もなく、心臓の壁が薄く伸びて血液をうまく送り出せなくなる難病、拡張型心筋症と診断された。現在は小児用の補助人工心臓を着けて命をつないでいるが、脳梗塞(こうそく)などのリスクがあり、根本的な治療には心臓移植しかない。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 北海道、22日だけで9人の感染確認 病院で接触した看護師も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです