メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

名古屋城木造化、どんな計画?=回答・三上剛輝

1945年の空襲で焼失する前の名古屋城天守閣=同城総合事務所提供

 なるほドリ 名古屋城の天守閣(てんしゅかく)を木造復元(もくぞうふくげん)するって聞いたけど、どんな計画なの?

 記者 金のシャチホコで有名な名古屋城天守閣は元々徳川家康(とくがわいえやす)の命(めい)で1612年に造られました。建物の高さは約36メートル、延べ床面積では江戸城や豊臣秀吉の築いた大坂城をしのぎ、姫路城の2倍近いといいます。1945年の空襲(くうしゅう)で焼失(しょうしつ)し、59年に鉄筋コンクリートで再建(さいけん)されました。老朽化(ろうきゅうか)で耐震改修(たいしんかいしゅう)が検討される中、2009年に就任(しゅうにん)した名古屋市の河村たかし市長が「観光(かんこう)の目玉に」と打ち出したのが、木造で築城(ちくじょう)時の姿を復元する構想(こうそう)です。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです