メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「ゆきゆきて、神軍」いま上映できるか 公開30年、原一男監督に聞く

「ゆきゆきて、神軍」から30年。ドキュメンタリー作品を世に問い続ける映画監督の原一男さん=東京都新宿区で、内藤絵美撮影

 昭和が終わりに近づいていた。1987年公開の映画「ゆきゆきて、神軍」は、元日本兵が上官の戦争責任を追及する行動を追った異色のドキュメンタリーだ。粗暴なシーンもある。単館上映で始まったが、静かに反響を呼び全国50カ所で公開されるロングランになった。それから30年。表現を受け止める社会の環境は大きく変わった。「今なら上映は難しいかもしれない」。そう話す原一男監督(71)の追う対象も時代と共に変化してきた。

 「ゆきゆきて」の主人公は、元日本兵の奥崎謙三さん(2005年、85歳で死去)。第二次大戦でニューギ…

この記事は有料記事です。

残り1654文字(全文1907文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです