メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

「ひとりっ子」放送中止 自衛隊巡るテーマで紛糾

「ひとりっ子」が放送できない事態を報じた毎日新聞1962年11月15日朝刊(東京本社版)

 1963年1月、RKB毎日放送(福岡市)制作のドラマが、在京の新聞・通信各社の放送記者らが創設した第1回「テレビ・記者会賞」の特別賞を受賞した。

 タイトルは「ひとりっ子」だが、主人公の高校生(山本圭さん)は農家の次男だ。志望は国立大工学部だが、防衛大学校の1次試験に合格する。かつて陸軍報道班員だった父(加藤嘉さん)の勧めで力試しに受けたのだが、喜ぶ父や周囲の人たちの手前、引くに引けなくなっていく。教官から自衛隊の意義を教えられ、「防大で技術が身につけられるなら」と入校を決心しそうになる。そのとき、長男を特攻隊で亡くした母(望月優子さん)が強く反対する。さらに両親を戦争で失ったガールフレンド(佐藤オリエさん)にも反対される。主人公は悩んだ末、働きながら学ぶことを決心する--。人々に戦争体験が色濃く残っていた時代を背景にしていた。

 この作品は放送されていない。後に社会派ドラマの名演出家として知られる久野(ひさの)浩平ディレクターが担当して芸術祭参加作品として作られ、前年の11月25日に「東芝日曜劇場」として全国で流される予定だったが、中止された。

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです