連載

メディア時評

毎日新聞デジタルの「メディア時評」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

メディア時評

百の論より一つの新事実=浮田哲・羽衣国際大教授(メディア論)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の中川俊直衆院議員は4月18日に経済産業政務官を辞任し、その後自民党も離党した。原因は女性スキャンダルで、きっかけは「週刊新潮」の報道であった。

 「また週刊誌か」という感想を持ったのは筆者だけではあるまい。昨年も「週刊文春」が甘利明経済再生担当相(当時)の賄賂疑惑をスクープ。大半の新聞やテレビが「週刊文春によると」という形で報道し、大臣は引責辞任した。

 ジャーナリズムの教科書には、必ず「権力の監視」という言葉が出てくる。権力の行動を見張り、不正があれば報道する。これがメディアの大きな役割であり、前述の週刊誌の記事はまさにこれに相当する。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文813文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集