連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

ジャガイモ、長引く品薄 種イモも大雨被害 海外産輸入、厳しい規制

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
台風の影響で水がたまり収穫できずにいるジャガイモ畑=北海道芽室町で2016年9月7日、日下部元美撮影
台風の影響で水がたまり収穫できずにいるジャガイモ畑=北海道芽室町で2016年9月7日、日下部元美撮影

 <access>

 北海道を昨夏襲った台風や大雨でジャガイモが不作となり、ポテトチップスは一部商品が販売休止に追い込まれるなど、食卓に影響が広がっている。海外産ジャガイモは輸入が厳しく規制されているほか、今年の作付けに使われる種イモも大雨の被害を受けており、ポテチの品薄はしばらく続きそうだ。【小川祐希】

 国内のジャガイモの8割を生産する北海道は昨夏、相次ぐ台風の上陸や記録的な大雨に見舞われた。畑が水没するなどの被害に遭い、昨年の道産ジャガイモの出荷量は前年比1割減の152万6000トンだった。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文951文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集