メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「共謀罪」私はこう思う

日本大教授・安部川元伸氏

安部川元伸氏

 ◆賛成

テロ防いだリオに学ぼう 日本大教授・安部川元伸氏(64)

 五輪には世界中から大勢の選手や関係者らが訪れる。開催地を狙ったとみられるテロは、未遂も含めれば枚挙にいとまがない。東京だけが何もないと言い切れるか。無差別大量殺害を食い止め、テロリストを早い段階で摘発するには、絶対に新たな法整備が必要だ。

 ブラジルでは昨年のリオデジャネイロ五輪を前に、犯罪の準備段階で処罰できる法律を作った。「共謀罪」法案と似た内容だ。その結果、テロを準備していた集団を内偵、摘発することができた。大いに学ぶべきだろう。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです