メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリントン氏

米大統領選敗因「私用メール問題が響いた」

 【ロサンゼルス長野宏美】昨年の米大統領選で敗北したヒラリー・クリントン元国務長官は2日、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と直接会談できれば「光栄」と発言したことについて「交渉は広範な戦略が必要だ」と述べ、対北朝鮮政策を批判した。ニューヨークであった女性支援団体のイベントで司会者の質問に答えた。

 北朝鮮との交渉は単独ではなく日本や中国などと圧力をかけるべきだと強調し、「ある朝ツイッターで仲良くできるかやってみよう、と投げかけるのは通用しない」と皮肉った。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです