大相撲

稽古総見 稀勢の里は欠席、白鵬が横綱の貫禄

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大相撲夏場所(14日初日、東京・両国国技館)を前に3日、横綱審議委員会(横審)稽古(けいこ)総見が両国国技館で一般に公開して行われた。2連覇した春場所中に左腕などを痛めた稀勢の里は欠席したが、1年ぶりの優勝を狙う白鵬が横綱の貫禄を示した。

 横綱で最初に相撲を取った鶴竜は2大関と計12番。だが、豪栄道に一方的に敗れる場面もあり、約8000人が集まった館内には重苦しい空気も…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

あわせて読みたい

注目の特集