萬鐵五郎企画展

没後90年記念 盛岡・県立美術館と花巻・記念美術館で同時開催 /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 花巻市東和町出身で、近代美術の先駆者の一人とされる画家、萬鐵五郎(よろずてつごろう)(1885~1927年)の没後90年を記念した企画展が、盛岡市の県立美術館と花巻市の萬鉄五郎記念美術館で同時開催されている。6月18日まで(いずれも月曜休館)。県内で開かれる萬の本格的な回顧展は20年ぶりという。

 県立美術館では、代表的な油彩画をはじめ水彩画、素描、版画など約350点を展示。萬は作品に関する記録をほとんど残していないため、解明されていないことも多いが、修業時代の作品や制作プロセスを示す作品…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

あわせて読みたい

注目の特集