メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

萬鐵五郎企画展

没後90年記念 盛岡・県立美術館と花巻・記念美術館で同時開催 /岩手

 花巻市東和町出身で、近代美術の先駆者の一人とされる画家、萬鐵五郎(よろずてつごろう)(1885~1927年)の没後90年を記念した企画展が、盛岡市の県立美術館と花巻市の萬鉄五郎記念美術館で同時開催されている。6月18日まで(いずれも月曜休館)。県内で開かれる萬の本格的な回顧展は20年ぶりという。

 県立美術館では、代表的な油彩画をはじめ水彩画、素描、版画など約350点を展示。萬は作品に関する記録をほとんど残していないため、解明されていないことも多いが、修業時代の作品や制作プロセスを示す作品…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです