メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTを生きる

性的少数者 第1部/2 「LGBT越谷十人十彩」代表・辻川公恵さん(56) /埼玉

LGBT当事者が集まる会を開催する辻川公恵さん=越谷市の男女共同参画支援センター「ほっと越谷」で2017年4月16日、鴇沢哲雄撮影

心の性「このままでいい」 同じ悩み打ち明ける場を

 越谷市の男女共同参画支援センター「ほっと越谷」で毎月、LGBTの当事者やアライ(ally=英語で「人を結び付ける」などの意味)と呼ばれる支援者らが集まり、自由に意見交換する会が開かれている。

 3月のある日は20人ほどが参加した。イスを円形に並べて座り、足元にはそれぞれの愛称とセクシュアリティー(性的指向や自分自身の心の性)を書いた大きな名札があった。「B(バイセクシュアル=両性愛者)」「X(エックス・ジェンダー=男女両方の性に違和感を感じる人)」などに加え、「S(ストレート=異性愛者)」の文字も見えた。

 順番に自己紹介を終えると、さまざまな声が上がった。「息子が男性が好きだと知り、それを受け入れようと…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  4. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです