メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTを生きる

性的少数者 第1部/2 「LGBT越谷十人十彩」代表・辻川公恵さん(56) /埼玉

LGBT当事者が集まる会を開催する辻川公恵さん=越谷市の男女共同参画支援センター「ほっと越谷」で2017年4月16日、鴇沢哲雄撮影

心の性「このままでいい」 同じ悩み打ち明ける場を

 越谷市の男女共同参画支援センター「ほっと越谷」で毎月、LGBTの当事者やアライ(ally=英語で「人を結び付ける」などの意味)と呼ばれる支援者らが集まり、自由に意見交換する会が開かれている。

 3月のある日は20人ほどが参加した。イスを円形に並べて座り、足元にはそれぞれの愛称とセクシュアリティー(性的指向や自分自身の心の性)を書いた大きな名札があった。「B(バイセクシュアル=両性愛者)」「X(エックス・ジェンダー=男女両方の性に違和感を感じる人)」などに加え、「S(ストレート=異性愛者)」の文字も見えた。

 順番に自己紹介を終えると、さまざまな声が上がった。「息子が男性が好きだと知り、それを受け入れようと…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1224文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです