メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群

強い疲労や倦怠感続く 病気への理解深めて 世界啓発デー、12日岐阜市で /岐阜

「病気への理解を深めてほしい」と話す塚本明里さん(中央)と支援者=岐阜市役所で

ME・CFSの原因究明、治療法の研究予算の充実必要

 日常生活も困難となるほどの強い疲労や倦怠(けんたい)感が続く「筋痛性脳脊髄(せきずい)炎・慢性疲労症候群(ME・CFS)」への理解を深めてもらおうと、患者団体が12日、岐阜市司町の「みんなの森ぎふメディアコスモス」で、「世界啓発デーin岐阜」を開く。

 ME・CFSは、クリミア戦争の傷病兵への献身的看護で知られる英国の看護師ナイチンゲールが死亡するま…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文649文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです