メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こいのぼり

ミセスミシンが「何でも縫います」 干物・深海魚・太刀魚…変わり種 ス~イスイ /静岡

 沼津名物の干物や深海魚をかたどったこいのぼり「ひものぼり」「シーラカンスのぼり」などを制作してきた沼津市のホームページ製作会社「オフィスグルー」(窪野岳社長)が地元主婦ら5人をメンバーに、こいのぼり縫製チーム「ミセスミシン」を作った。県外からも大口注文が入ったためで、メンバーは「こいのぼり以外も挑戦したい」と意気込んでいる。【垂水友里香】

 使われなくなったこいのぼりを集めて飾る「沼津こいのぼりフェスティバル」に合わせ、同社は2012年から変わり種を制作してきた。それを知った和歌山県有田市役所から2月、変わった注文が入った。有田市が漁獲量日本一の太刀魚をかたどったこいのぼり(約6メートル)を20匹。「太刀魚の日」をもうけ、お披露目イベントで掲げる計画という。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 「新しい県政を、の思いにしっかりと応える」 三反園氏破り鹿児島知事選に当選の塩田氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです