メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レールバス

さよなら 御坊・紀伊御坊駅で引退式 紀州鉄道 /和歌山

レールバス「キテツ2号」の引退式でにぎわう紀伊御坊駅のホーム=和歌山県御坊市薗で、山本芳博撮影

 路線距離が2・7キロと国内2番目に短い紀州鉄道で国内唯一営業運行していたレールバス「キテツ2号」(1985年製、定員88人)の引退式が4日、御坊市薗の紀伊御坊駅であった。同駅発着で無料乗車体験が実施され、約400人が地域の足として愛された車両との別れを惜しんだ。

 レールバスは鉄道車両用の台車にバスの車体を乗せたディーゼル車。兵庫県の北条鉄道から2000年、09年に1号、2号の譲渡を受け、2両で営業運行していた。製造コストが割安で済む一方、構造が簡易で壊れやすいデメリットもある。老朽化が…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです