メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

要介護度が軽くなり、関西圏の特養ホームを退所させられた車いすの男性と妻=4月17日、斎藤義彦撮影

 毎日新聞の特別養護老人ホーム全国アンケートで、要介護3でさえ入所を見合わせている実態が明らかになった。要介護1、2に改善した人は退所を余儀なくされるため、リハビリ意欲をそぎ、費用の無駄遣いを招く恐れもある。要介護認定は認知症の人が要介護2以下とされやすく、国が制度化した軽度者の特例入所はわずかしか使われていない。一方で施設乱立で特養ホームには空きも出始めており、入所制限には「失政」との批判も出ている。【斎藤義彦、稲田佳代】

この記事は有料記事です。

残り1851文字(全文2065文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです