メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮と舌戦 核問題で主要メディア

金正恩氏=朝鮮中央通信・朝鮮通信

 【北京・浦松丈二】政府の意向を忠実に報じることで知られる中国と北朝鮮の主要メディアが核問題を巡って激しい舌戦を展開している。中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は4日、中国を「大国主義」などと批判した北朝鮮国営・朝鮮中央通信の論評に対して「論戦を挑む激情に満ちた文章だ。真正面から論戦を展開する必要はない」と反論した。

 環球時報は論評の中で「中国側は(論戦ではなく)態度を表明しなければならない。朝鮮(北朝鮮)側が新たな核実験を実施したら、中国はかつてない厳しい反応を示すことを平壌に知らしめねばならない」と強い表現を使った。

 朝鮮中央通信は3日の論評で「人民日報」「環球時報」を名指しし、制裁強化を論じているとして「主権国家としての我が共和国(北朝鮮)の権利や尊厳への重大な侵害だ」と反発。さらに「中国は朝中関係の柱を切り倒す無謀な妄動がもたらす重大な結果を熟慮するといいだろう」とけん制していた。

 中国外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は4日の定例会見で「中国側は長年、客観的、公正な立場から関連問題に対応してきた」と反論した。

 朝鮮中央通信に環球時報と一緒に名指しされた人民日報は4日夜まで反論を発表していない。党機関紙間の論戦が社会主義路線を巡る中ソ対立の深刻化につながったとの指摘もあり、慎重になっている模様だ。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪判決 中学教諭に 地裁、わいせつ行為認めず /栃木
  2. 福岡県警 万引き容疑の男ともみ合い拳銃発射 けが人なし
  3. 交通事故 正面衝突、3人死亡 高3男子が運転 岡山
  4. 線路内立ち入り 「撮り鉄」書類送検 静岡・大井川鉄道で
  5. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]