イグサ

「食べられるお箸」開発 熊本県

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
食べられるお箸=熊本県提供
食べられるお箸=熊本県提供

 畳の原料イグサの一大産地・熊本県が、イグサを使った「食べられるお箸(畳味)」を開発した。原料は同県八代市産の食用イグサ粉末で、箸として使った後、菓子のようにポリポリ食べられる。

 畳の需要が減り、ピーク時に1万戸以上あった熊本県内のイグサ農家は約550戸に減少した。畳の復権を図るため、「イグサ箸を食…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集